高精度の多言語テキスト解析とデジタルフォレンジックのエキスパート

関連リンク

Rosette: Text Analytics
Rosette® は多言語対応の言語処理
プラットフォームです。

Cyber Triage

Cyber Triageは、コンピューターが侵害されたかどうかを一次対応者が迅速に判断することを可能にします。

Autopsy

各国政府機関などのサイバー・セキュリティーにおけるデジタル・メディア捜査にて幅広く使用されているオープンソースのデジタルフォレンジックツールです。

主な顧客

airbnb logoamazon.com logogoogle logopinterest logocareerbuilder logooracle logo

「ソフトウェア業界をリードする企業」に選ばれた上位10社中7社がBasis Technology 製品を採用

www.pwc.com

ブログ記事


Rosette API、アラビア語チャットをサポート

2017 年6月 26日

アラビア語チャットでは、"Arabizi"と呼ばれるローマ字によるアラビア語表記がよく用いられます。Arabiziは進化を続けながら急速に広まる一方、地域による方言も様々です。Rosette API は、統計モデルに基づく音訳によって Arabiziテキストを標準のアラビア語のスクリプトに変換します。自動学習で統計モデルを定期的に更新しているので、常に最新のチャットメッセージに対応できます。また、メッセージの方言から書き手の出身国を識別することも可能です。もっと見る

掲載記事


ベイシス・テクノロジーのエンジニアが DI2E Plugfest 2016での感動的な勝利に貢献

2016 年8月 05日

DI2E Plugfest 2016 のマッシュアップチャレンジで、当社エンジニアはDCGS-SOFチームに協力して素晴しい システムを完成させ、チームを勝利に導きました。特殊部隊が敵の施設に侵入後、どの文書を持ちだすべきか決めるための時間はほとんどありません。DCGS SOFチームは、その判断を高速化するための支援システム Operation Upshot を開発し、実用性を証明してみせました。もっと見る

プレスリリース


Basis Technology、AFAQ電子カルテの強化に寄与

2016 年9月 01日

電子カルテのイノベーター AFAQ(本社ヨルダン)は、アラビア語/英語の患者名の翻訳に Basis Technology のRosette® 名称翻訳モジュールを採用しました。中東のほとんどの病院は欧州と米国のEMR標準への対応が必須で、そのために、様々な言語の名前を正確かつ効率的に扱うためのしくみが必要でした。Rosette® の利用で名前の英語への自動翻訳、索引づけが可能になりました。もっと見る

This is a unique website which will require a more modern browser to work! Please upgrade today!