アイデンティティ・インテリジェンス


名称照合の先駆者として政府機関と提携

官公庁業務において、名称は、政府分野では非常に重要なデータ・ポイントです。しかし、綴り間違い、別名、ニックネーム、イニシャル、ラテン文字以外の文字などの変数がデータに含まれていると、名称を照合してそれぞれの表記を関連付けるのは困難になることがあります。Basis Technology は、そのような名称分析の複雑性に対処する際に最適な技術を持っているとして、複数の政府機関で最初に選択された企業です。

Watchlist

ウォッチリストによる監視

国境管理は、テキスト分析アプリケーションを利用してさまざまなデータ・ソースから知見を引き出すことで、大幅に強化することができます。訪問者がウォッチリストに含まれている可能性があることを最初に示すのは、名称照合です。言語や文字体系を問わず、実名、ニックネーム、イニシャル、省略など、あらゆる綴り間違いなど、個人を特定できるツールが必要です。

名称照合に 1 回失敗しただけでも命取りになり得る場合もあり、従来の古い手法に頼るのはハイリスクです。弊社のツールは、インテリジェンス分析担当者や国境警備員が、その経験や知性を必要とする最終的意思決定を行うために、最も重要なデータを迅速に確認可能にします。

Identity Resolution

アイデンティティの解決

政府機関がテロと戦い、市民を保護するには、信頼性の高い身元照合が必要です。国境で保安官が入国方針を正しく適用するには、正確な身元照合が必要です。国内では、異なるデータベースを利用している社会福祉機関が適格者に給付金を交付する一方で、不正を防止しなくてはなりませんが、これには対象者の確かな身元照合が必要です。

名称照合を生年月日、国籍、住所、E メールなどの代替的に個人を特定する情報と組み合わせて利用する業界最先端の弊社ツールで、対象者を正しく特定して紐付けましょう。弊社のツールを利用することで、考えられるあらゆる名称の表記を単一のフィールドで確認できるため、複雑な複数フィールドの照会を行わずに済みます。カスタム照会で身元確認ワークフローを簡素化して候補文書を生成し、照会の再スコア計算を行って名称を評価し、評価に基づいて結果を並べ替えることができます。

Name Standardization

名称の標準化

名称は、情報機関で扱う最も重要とも言えるテキストデータの形式ですが、世界中で英語表記されているものはごくわずかです。政府職員や分析担当者が多言語のデータソースを処理する際、文書やスプレッドシート内の名称を自動的に抽出、音訳できれば、作業のスピードや正確性が向上します。

Basis Technology は、名称関連の分析において、情報機関内の事実上のスタンダードです。弊社では、言語学的アルゴリズムや統計モデルなどの業界をリードする技術を利用して、何百万件もの外国語の名称を迅速に処理し、非常に正確な標準化された英語の翻訳を生成可能です。

Work With Us

Basis Technology has been the defacto leader in multilingual text analytics for the intelligence and border security communities for over twenty years. We have experience both working directly with government agencies and with systems integrators to deliver within you current solution. Our names analytics functionality is currently in production within multiple government agencies. Connect with our sales team to learn more.

Contact Us