ソリューション


政府、情報機関、出入国管理向けのテキスト解析ツール

Basis Technology は、20 年以上の間、情報機関や出入国管理向けの多言語テキスト解析におけるリーディングカンパニーであり続けています。政府機関と連携し直接ソリューションを提供することはもちろん、既存ソリューションのシステム・インテグレーターと連携してソリューションを提供する経験も豊富です。

アイデンティティ・インテリジェンス

名称は、政府分野では非常に重要なデータ・ポイントです。しかし、綴り間違い、別名、ニックネーム、イニシャル、ラテン文字以外の文字などの変数がデータに含まれていると、名称を照合して表現を関連付けるのは困難になることがあります。この難問を解決すべく、名称解析の複雑性に対処できる企業として複数の政府機関で最初に選択されたのが弊社Basis Technologyです。

Learn more

外国語テキストの有効活用

オープンソースの膨大なデータレイクには、担当者の意思決定に必要な多くの情報が含まれています。しかし、言語や文字体系による制限がある場合、膨大な世界のほんの一部のデータしか活用できていないことになります。Basis Technology は、ソーシャル・データの利用、予測インテリジェンス、風評・フェイクニュース対策、オープン・ソース・インテリジェンス (OSINT) 分析のためのソリューションを提供します。

Learn more

出入国管理における要注意人物リストとの照合

要注意人物リストとの照合が 1 回失敗しただけでも市民が危険にさらされかねません。このため、出入国管理における要注意人物リストの照合ツールは最適なものでなければなりません。弊社のソリューションは、検出漏れと誤検出を最小限に抑え、審査官や警備官が重要なデータを直ちに確認できるようにし、彼らの経験や知性をもって最終的に最善の結論が下せるよう促します。

Learn more

デジタル・フォレンジックカスタム・ソリューション

Basis Technology は、オープンソースのデジタル・フォレンジック・ツールをリリースしています。このツールそのままでは要件が満たされない機関や研究所向けに、固有のニーズを満たしたシステムも構築しています。Basis Technology は、拡張性に富みスケーラブルなデジタル・フォレンジック・ツールのフレームワークを継続的に進化させ、フォレンジック調査担当者の経験を活かすことで、お客様の個別要件への迅速な対応、日々変化するデジタル・フォレンジックの動向やニーズに追従しています。

Learn more