スティーブ・コーエン

共同創業者、上級副社長兼最高執行責任者

1995年にBasis Technologyを共同創業し、会社の事業活動を指揮。理論と現実の間の溝を埋めるようなアイディアを導き出し、問題解決に努めてきました。

1990年代半ば、Infoseek、Lycos、Google、Yahoo!などの主要な検索エンジン間で共通のニーズを見いだし、最初のテキスト解析製品群の開発を指揮する。これらの製品の成功をもとに、Basis Technologyは国家防衛のミッションクリティカルなオペレーションのためのAIアプリケーションの構築を開始。現在、リスク管理アプリケーションや商談機会創出アプリケーションの実現に向けて、米国の情報コミュニティー向けに開発した技術を商業セクターに還元するべく取り組む。

Basis Technologyを創業する前は、Cognex Corporation東京の技術マネージャーとして、またSMT(表面実装技術)デバイス検査の開発マネージャーを勤める。また、ソフトウェア国際化エンジニアリングに関するコンサルティングを行い、組み込みシステムや電子試験装置向けソフトウェアを開発。マサ チューセッツ工科大学にて電気工学の学士号を取得。早稲田大学に留学経験あり。ボストンにある世界最大のインキュベーター「Mass Challenge(マスチャレンジ)」や、その他のインキュベーターにおいて、メンターとしてスタートアップ企業を積極的に支援。