ブライアン・キャリア

シニア・バイス・プレジデント、最高技術責任者

デジタルフォレンジック製品およびカスタムシステムの構築・開発の責任者。「File System Forensic Analysis」の著者でもあり、The Sleuth Kit や Autopsy Forensic Browser を含む複数のオープンソースのデジタルフォレンジック解析ツールの開発を手がけた。パデゥー大学にてコンピューターサイエンスの博士号を取得後、@stake にてリサーチサイエンティストおよび技術責任者を務める。また、Digital Forensic Research Workshop (DFRWS) や Digital Investigation Journal などの協議会、学会、技術ワーキング・グループの委員会のメンバーでもある。


アドバイザー


アミット・ボヘンスキー

イスラエルのビジネスエグゼクティブで、主にソフトウェア業界で活躍するエンジェル投資家。Matrix Global、Consist Systems and Technologiesなどの企業のCEOを歴任。その後、Unicoders、Focal-Infoなどのテクノロジー企業を設立しましたが、Focal-Infoは2012年にVerint Systemsに売却されました。現在、Zoomd.comの創業者兼CEO。

ジェフリー・ヴォーゲル

Bulger Partnersの業務執行役員であり、技術系企業のCEOや投資家に対して成長志向戦略に関する専門的アドバイスを行う戦略コンサルティング事業の共同最高責任者。20年以上にわたり、ハイテク企業の役員、創業者、投資家、アドバイザーとして活躍。Bulger Partners入社前は、アーリーステージのテクノロジーインベストメントファンドであるVelocity Equity Partnersの創業者兼業務執行役員を務め、同社在職中、Asure Software(NASDAQ Ticker: ASUR)、BEZ Systems(CompuWareによって買収)、WebDialogs(IBMによって買収)、Nexaweb、AccuRevをはじめとする、数多くの成長志向のソフトウェア会社の役員を歴任。

ボブ・フローレス

戦略コンサルティング・エンジニアリング会社 Cognitioの共同創業者。同社設立前は、米国中央情報局(CIA)に31年間勤務。CIA勤務当時は、情報本部、支援本部、国家秘密局において様々な職務を歴任。退職前の3年間はCIAの最高技術責任者を務め、各部局に与えられたミッションのニーズにマッチした技術投資の運用を担当。幹部レベルの指導力や管理職の実績に加えて、アプリケーションプログラミング、研修・教育、契約、プロジェクト管理などの任務、またCIAの様々なレベルのライン業務とスタッフ管理業務にも精通。