カール・ホフマン

共同創業者、会長兼最高経営責任者

1995年にBasis Technologyを創業し、アメリカ企業のアジア市場向け製品の国際化サービスを開始。1999年にLycosおよびGoogleのウェブサイトの国際化を手がけ、アジア言語と欧州言語両方の検索を実現する。2003年にはアラビア語形態素解析をリリース。高度な言語処理プラットフォームの開発がスタートする。以後、20カ国以上の言語に対応した情報検索技術、固有表現抽出、ER(Entity Resolution)分野の主要企業として成長した。カールはまた、米国政府のアナリストと共に国家保安プロジェクトを推進している。Basis Technology設立前は、ボストン、ニューヨーク、東京で、金融や情報処理企業の国際化コンサルティングを手がけた実績を持つ。母校であるマサチューセッツ工科大学のコンピュータサイエンス研究室で8年間研究スタッフとして務め、フリーソフトウェア財団、MIT同窓生基金、Unicodeコンソーシアムなどへの貢献も続けている。


アドバイザー


アミット・ボヘンスキー

イスラエルのビジネスエグゼクティブで、主にソフトウェア業界で活躍するエンジェル投資家。Matrix Global、Consist Systems and Technologiesなどの企業のCEOを歴任。その後、Unicoders、Focal-Infoなどのテクノロジー企業を設立しましたが、Focal-Infoは2012年にVerint Systemsに売却されました。現在、Zoomd.comの創業者兼CEO。

ジェフリー・ヴォーゲル

Bulger Partnersの業務執行役員であり、技術系企業のCEOや投資家に対して成長志向戦略に関する専門的アドバイスを行う戦略コンサルティング事業の共同最高責任者。20年以上にわたり、ハイテク企業の役員、創業者、投資家、アドバイザーとして活躍。Bulger Partners入社前は、アーリーステージのテクノロジーインベストメントファンドであるVelocity Equity Partnersの創業者兼業務執行役員を務め、同社在職中、Asure Software(NASDAQ Ticker: ASUR)、BEZ Systems(CompuWareによって買収)、WebDialogs(IBMによって買収)、Nexaweb、AccuRevをはじめとする、数多くの成長志向のソフトウェア会社の役員を歴任。

ボブ・フローレス

戦略コンサルティング・エンジニアリング会社 Cognitioの共同創業者。同社設立前は、米国中央情報局(CIA)に31年間勤務。CIA勤務当時は、情報本部、支援本部、国家秘密局において様々な職務を歴任。退職前の3年間はCIAの最高技術責任者を務め、各部局に与えられたミッションのニーズにマッチした技術投資の運用を担当。幹部レベルの指導力や管理職の実績に加えて、アプリケーションプログラミング、研修・教育、契約、プロジェクト管理などの任務、またCIAの様々なレベルのライン業務とスタッフ管理業務にも精通。