カール・ホフマン

共同創業者、会長兼最高経営責任者

1995年にBasisTechを創業し、アメリカ企業のアジア市場向け製品の国際化サービスを開始。1999年にLycosおよびGoogleのウェブサイトの国際化を手がけ、アジア言語と欧州言語両方の検索を実現する。2003年にはアラビア語形態素解析をリリース。高度な言語処理プラットフォームの開発がスタートする。以後、20カ国以上の言語に対応した情報検索技術、固有表現抽出、ER(Entity Resolution)分野の主要企業として成長した。カールはまた、米国政府のアナリストと共に国家保安プロジェクトを推進している。BasisTech設立前は、ボストン、ニューヨーク、東京で、金融や情報処理企業の国際化コンサルティングを手がけた実績を持つ。母校であるマサチューセッツ工科大学のコンピュータサイエンス研究室で8年間研究スタッフとして務め、フリーソフトウェア財団、MIT同窓生基金、Unicodeコンソーシアムなどへの貢献も続けている。